2010年03月08日

インフルでの入院、6週連続で減少(医療介護CBニュース)

 インフルエンザで新たに入院した患者数が、2月17-23日の週は105人で、前週から12.5%減ったことが3月3日、厚生労働省のまとめで分かった。入院患者数の減少はこれで6週連続。

 2月24日-3月2日に新たに入院した患者数(速報値)は38人で、2月17-23日の速報値73人より少ない。

 一方、休校などの措置を取った学校は、2月21-27日の週は280校で、前週より20%減り、5週連続の減少となった。


【関連記事】
インフル流行、警報地域無くなる―患者数4週連続減
インフル対策、当面は実施継続―厚労省
入院が5週、休校が4週連続で減少―インフルエンザ
依然ほとんどが新型も、B型が微増―インフルエンザで感染研
「厚労省は新型インフルへの対応の総括を」―黒岩氏

憲法改正の論点整理 自民推進本部が発表(産経新聞)
<バンクーバー五輪>話題の選手や競技「特需」は(毎日新聞)
定昇確保へ「不退転の決意」=連合が中央集会−春闘(時事通信)
民主・小林氏「申し訳ない」進退明言せず(読売新聞)
兵庫の死亡園児、「揺さぶられ」で脳に障害か(読売新聞)
posted by たまやのおっさん at 23:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライターつけたら…千葉の交番で爆発 原因は天然ガス?(産経新聞)

 5日午前0時15分ごろ、千葉県大多喜町猿稲の県警勝浦署大多喜幹部交番の1階男子トイレで男性警部補(51)がライターに火を付けたところ、突然、爆発した。警部補が顔と両手に軽いやけどを負ったほか、トイレの天井も焼いた。

 同署によると、周囲に不審物はなく、充満した天然ガスに引火、爆発した可能性があるとみて調べている。警部補は当直勤務中だった。

 大多喜町など房総半島南部の地下には天然ガスが埋蔵されている。平成16年7月には同県九十九里町の「九十九里いわし博物館」で、2人が死傷する爆発事故も起きている。

【関連記事】
自殺中止でガス爆発 思いとどまり…うっかりタバコに火
ガス爆発?アパート全焼し1人死亡 福島・矢吹町
カセットこんろ爆発 5年で135件8人死亡
アキバにテロ防止ゲート登場!? 爆発物探知の実証実験を実施
ガス爆発?民家全焼し高齢夫婦が死傷 岡山・玉野

<法政大学高校>生徒に暴行の教諭を解雇…修学旅行引率中(毎日新聞)
「病腎移植について理解してもらいたい」病腎移植で万波医師(産経新聞)
朝鮮学校など視察=高校無償化で−衆院文科委(時事通信)
協議機関設置、野党に呼び掛け=企業献金見直し−与党3幹事長が確認(時事通信)
天皇陛下がチリ大統領に電報(時事通信)
posted by たまやのおっさん at 09:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。