2010年04月21日

学力テスト「参加希望校」採点に手回らず断念も(読売新聞)

 これまでの全員参加から、3割の抽出方式になった全国学力テストが20日、小学6年と中学3年を対象に国語、算数・数学で実施される。

 新政権は、県ごとの学力水準が把握できれば十分と抽出にしたが、実際には抽出校を大きく上回る「希望参加校」が殺到。こうした学校は国費で採点や集計をしてもらえないため、自治体の支援がない学校では、採点に教師や教育委員会職員があたったり、テストの実施をあきらめたりする学校もでている。

 文部科学省によると、今回は全小中の73・5%にあたる2万3875校、約162万人が参加するが、このうち国費で実施する抽出校は9979校。一方、自主的に実施する希望参加校は1万3896校で、秋田、石川、福岡など13県は全公立校で行い、費用も県や市町村が負担するところも多い。しかし、採点・集計の業者委託費用などの支援がない学校では自力で採点するしかない。

 希望参加する東京都内の区立中では、約200人分の採点に2教科の教師8人が手分けしてあたるが、テストには基礎的な「A問題」と、応用力を問う「B問題」の計4種類がある。2〜3日のまとまった時間が必要で、夏休みまで手をつけられないという。「苦手分野を把握できる貴重な機会だが、採点の手間は大変だ」と話す校長(58)は、「国が採点するのが一番。学校ごとの判断では採点にばらつきがでかねない」と指摘した。

 抽出方式の問題点の一つは、個々の学校の実力と全国の水準との比較が出来なくなることだ。希望参加する大阪府内の公立小では校長以下教師総動員で採点し、正答率を全国平均などと比較する分析ソフトの導入も考えているという。校長(55)は「子供の生活状況と学力の関係もみたいが、学校レベルで正確に分析できるだろうか」と不安を漏らす。

 大阪府豊中市では、現場の教師の負担が増えるのは良くないとして、教育委員会の職員が採点する。当初、抽出校以外参加しない予定だったが、大阪府内の9割以上の公立校が参加することが分かって急きょ「全校参加」にかじを切った。市教委の担当者は「豊中の子供だけテストの機会を奪われたと批判されてはいけない。採点に時間がかかることは覚悟している」と打ち明けた。

 静岡県東伊豆町の熱川中では、テスト問題は入手するが20日にはテストを行わず、今後教材として使う予定だ。亀山誠彦校長(51)は「授業時間も足りないのに採点・集計まで手が回らない。ただ、今求められている学力観を知る上で、テスト問題はとても参考になる。子供たちに解かせて課題を探ってみたい」と話した。

 学力テストに詳しい田中耕治・京都大教授(教育方法学)は「希望参加校が独自に採点する場合は、文部科学省が示す正答例などを基に教師同士で十分話し合い、採点の基準を学校単位でつくることが大切になる」と話している。

山崎さんシャトル、帰還へ=天候不良で再挑戦−米ケネディ宇宙センター(時事通信)
寒い4月まだ続く?寒気23日ごろ再び南下も(読売新聞)
光ファイバー受注カルテル認定 4社に課徴金160億命令へ 公取委(産経新聞)
雑記帳 「イルカのぼり」スイスイ 青森(毎日新聞)
ひき逃げ容疑で内装業者逮捕=路上の男性死亡−警視庁(時事通信)
posted by たまやのおっさん at 19:51| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

父「刺すなら刺せ!」で娘が本当に刺した(スポーツ報知)

 「刺すなら刺してみ」と挑発した父親を長女が本当に刺してしまう殺人未遂事件が4日、福岡県で発生した。

 福岡県警直方署は、父親を包丁で刺した殺人未遂の疑いで同県鞍手町の無職・森玲容疑者(35)を現行犯逮捕した。同署によると、森容疑者は同日午前0時頃、自宅の1階和室で父親の武親さん(66)の左胸を台所にあった文化包丁で刺し、殺害しようとした疑い。武親さんは病院に運ばれて絶対安静状態となっているが、命に別条はない。

 森容疑者は、3年ほど前から仕事に就いていないことをめぐって、3日夕から母親と口論に。その後、武親さんも口論に加わって「刺すなら刺してみ」とベッドにあおむけになったところを刺した。森容疑者は刺したことを認めているが「殺すつもりはなかった」と殺意を否認。「父親に(家を)出ていってほしかった」と動機を供述している。

 「刺すなら刺せ」「撃つなら撃て」「殴るなら殴れ」などのセリフはテレビドラマなどでは定番だが、現実社会では相手が実行に移すという悲劇になってしまった。

 【関連記事】
殺人未遂 福岡県警 鞍手町 を調べる

介護福祉士国試、合格者7万人超で過去最高―2回連続減から一転(医療介護CBニュース)
<鳩山首相>農業者ら招きリアル鳩カフェ、「戸別補償やる」(毎日新聞)
スペースシャトル 山崎直子飛行士、日本時間5日夜宇宙へ(毎日新聞)
ピンハネ、トラブル…急成長する「援デリ」の“うまみ”と“落とし穴”(産経新聞)
屋内での喫煙規制スタート=「受動」防止条例を施行−神奈川(時事通信)
posted by たまやのおっさん at 11:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

谷垣氏、全国行脚終える 低い浸透度…効果のほどは?(産経新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は29日、山形市と福島県会津若松市を訪れ、党再生を目指して昨年11月にスタートした全国行脚を終えた。全国の47都道府県を一巡し、移動距離は3万5000キロ超。ただ、東京留守中には鳩山邦夫元総務相の離党などの「お家騒動」が勃発。有権者らへの浸透度も今ひとつで、党内からは「売れない演歌歌手の地方めぐりのようだった」(幹部)とのため息も。

 「法を守らなかったことが問われている。(鳩山由紀夫首相は)そのことについての説明責任を果たしていない」

 谷垣氏は29日、山形市内で、偽装献金事件をめぐる首相の対応を批判した。その後、全国行脚の締めくくり場所となる会津若松市の「伊東正義文庫」へ。

 外相や官房長官も務めた伊東氏は平成元年のリクルート事件で自民党幹部の責任を追及し続けた経歴があり、谷垣氏にとっては派閥の大先輩でもある。「政治とカネ」の問題に潔癖さを貫いた先達にあやかり、鳩山政権を揺さぶる狙いだったようだ。

 全国行脚中は、話題作りにも腐心した。山間部の畜産農家や離島にも足を運び、「坂本龍馬像近くでの車座集会」(高知市桂浜)「米軍キャンプ・シュワブ周辺住民との対話集会」(沖縄県名護市)などにも取り組んだ。

 しかし、日程は週末に偏り、駆け足での行脚は「歩く。聞く。応える」というスローガンが達成できたとは言い難い。参院選への足固めとはいかなかったようだ。

市役所の新聞購読中止を、阿久根市長が指示(読売新聞)
与謝野氏らとの連携否定=「コップの中の争い」と静観−民主(時事通信)
小学教科書検定 検定透明化へ審議概要を公開(産経新聞)
菅副総理「賢明な判断」要請=人民元問題で中国首相に(時事通信)
<咸臨丸>太平洋渡る子孫、太平洋往復150年 7日に出航(毎日新聞)
posted by たまやのおっさん at 16:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。