2010年01月16日

ケータイ小説大賞 中学校で表彰式と受賞記念イベント(毎日新聞)

 第4回日本ケータイ小説大賞(毎日新聞社、スターツ出版で構成する実行委員会主催)の表彰式と受賞記念イベントが13日、東京都武蔵野市桜堤1の市立第二中学校(熊沢直孝校長、生徒数292人)で行われた。

【写真特集】第4回日本ケータイ小説大賞表彰式とトークセッションの様子

 生徒たちが見守る中、「風にキス、君にキス。」で大賞を受賞した大阪府在住の女子高校生、繭(まゆ)さん(17)に、バルセロナ・アトランタ五輪のマラソンで連続メダルを獲得した有森裕子さんから表彰状が手渡された。

 記念イベントでは、有森さん、北京五輪ソフトボールで金メダルの上野由岐子さん、繭さんの3人による「夢に向かって」と題した課外授業が行われた。トップアスリート2人と陸上部の経験を青春小説にした繭さんによる五輪の体験談や恋愛論を交えた楽しいトークに生徒たちも聴き入った。

 同中3年、吉野絵美華さん(15)は「受験を控えてつらいこともあるが経験から得た話を聞くことができ参考になりました」と感想を語った。【森下功】

【関連ニュース】
【関連記事】ひと:繭さん 第4回日本ケータイ小説大賞を受賞した
【写真特集】第3回ケータイ小説大賞の表彰式には卓球選手の福原愛さんも 「遠征に行く時、ケータイ小説大量買い」
【写真特集】木下優樹菜:バレンタインは1人で「さみしいっす!」 ケータイ小説「あたし彼女」発売
【インタビュー】瀬戸内寂聴さんに聞く:50年以上の作家生活で初めての、横組み絵文字入り小説。

【揺らぐ沖縄】首長選に安保委ねた重み(産経新聞)
<宝恵かご行列>福娘ら乗せ 大阪・ミナミ(毎日新聞)
陸山会土地取引 「1億円は小沢氏側要請」水谷建設元幹部(毎日新聞)
職業能力大、廃止前提にせず=長妻厚労相が視察(時事通信)
<病児保育>赤字経営もう限界 補助金見直しで閉鎖検討も(毎日新聞)
posted by たまやのおっさん at 12:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。