2010年01月29日

<掘り出しニュース>元気が出るよ! 兵庫・川西市役所食堂で「きんたくん弁当」(毎日新聞)

 【兵庫】川西市ゆかりの「金太郎」をモチーフにしたイメージキャラクター「きんたくん」にちなんだ弁当が2月から同市役所食堂「せせらぎ」のメニューに登場する。試食会で大塩民生市長は「ボリュームたっぷりで元気が出る」と太鼓判を押した。

 弁当は同食堂を運営するウエノビジネスグリル(本社・大阪府豊中市)が考え出した。同社の上野宏社長は「おいしくて元気の出る弁当にしたかった」。おかずは、豚肉のスタミナ焼きや、うなぎのかば焼き、とろろ芋などで、スタミナたっぷり。黒ゴマと青のりできんたくんの顔を描いたご飯、力うどんなどがセットになっている。米や豚肉、自然薯(じねんじょ)など、材料の多くを地元産にこだわった。

 大塩市長は「きんたくんグッズはたくさんできてきた。これからは食の分野でいろんな商品を作ってもらい、川西市にはおいしいものがたくさんあると知ってもらいたい」と話した。弁当は500円で、1日限定20食。食堂営業中(午前10時〜午後6時)の販売。詳しくは同食堂(072・758・5287)へ。【衛藤達生】

【関連ニュース】
小学館漫画賞:一般部門「深夜食堂」 少年部門に「SKET DANCE」
柴咲コウ:「豚に癒やされます」“野菜カーペット”で記念撮影 映画「食堂かたつむり」
柴咲コウ:飛躍を誓う「昨年はくすぶってたので…」 映画「食堂かたつむり」ヒット祈願
暮らし・教育 『しあわせ食堂』=武内ヒロクニ+毎日新聞夕刊編集部
きんたくん弁当:かば焼き、とろろ…元気出るよ 川西市役所食堂、来月から /兵庫

政教分離訴訟 「市有地に無償で神社」は違憲 最高裁(毎日新聞)
<衆院予算委>首相、議員生命懸ける 「戦う野党」自民不発(毎日新聞)
2次補正予算 与党と公明党など賛成多数で成立(毎日新聞)
大阪市職員61歳、ガム噛み窓口対応 厳重注意処分(産経新聞)
陸山会事件、党は調査せず=不動産所有「倫理の問題」−鳩山首相(時事通信)
posted by たまやのおっさん at 12:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。