2010年01月31日

新規技術2件を承認―高度医療評価会議(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の高度医療評価会議(座長=猿田享男・慶大名誉教授)は1月29日、新たに申請のあった2件の技術を高度医療評価制度の対象として承認した。このほか、前回の会議で継続審議とされた技術など2件を「条件付き適」と評価した。

 同会議は、(1)再発卵巣がん、原発性腹膜がん、卵巣がんに対する標準化学療法とベバシズマブの併用療法およびベバシズマブ単独の維持療法(2)上皮性卵巣がん、卵管がん、腹膜原発がんに対するパクリタキセル毎週静脈内投与併用カルボプラチン3週毎腹腔内投与―の2技術を高度医療評価制度の対象として承認した。いずれも埼玉医科大国際医療センターからの申請。
 (1)の技術は、卵巣がんなどの標準治療として使用される抗がん剤のパクリタキセルとカルボプラチンに加え、ベバシズマブを使用。維持療法の期間については、患者ごとに異なるとしている。
 (2)については、パクリタキセルとカルボプラチンの静脈内投与が標準的な治療法とされているのに対し、この技術ではパクリタキセルの静脈内投与とカルボプラチンの腹腔内投与を行い、その予後の改善を検証する。

 このほか同会議は、前回の会議で継続審議とされた「インスリン依存状態糖尿病の治療としての心停止ドナー膵島移植」と、新たに申請があった「高齢者、および、腎機能低下症例に対する血液透析併用バルーン塞栓動脈内抗がん剤投与法、および、放射線照射による集学的膀胱がん治療」を「条件付き適」と評価した。


【関連記事】
「EAS人工内耳挿入術」を承認―高度医療評価会議
「高度医療」1技術を承認―先進医療専門家会議
「国内外ともに未承認」の評価要件を承認−高度医療評価会議
ペプチドワクチンを用いた3技術を条件付き承認―高度医療評価会議
「重症虚血性心疾患に対する低出力対外衝撃波治療法」を条件付き承認―高度医療評価会議

景気判断、10地域で据え置き=雇用情勢厳しく−財務局長会議(時事通信)
【視点】首相施政方針演説 軽い言葉 見えぬ信頼(産経新聞)
名護市長選 移設反対派の稲嶺氏が当確(産経新聞)
<食中毒>弁当食べた137人に症状 愛知・稲沢の業者製造(毎日新聞)
遣唐使船 再現し上海万博へ…角川文化振興財団が計画(毎日新聞)
posted by たまやのおっさん at 13:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。