2010年02月02日

GM、ウィッテーカー会長がCEOに正式就任(レスポンス)

GMは26日、暫定的にCEOを務めてきたウィッテーカー会長が、正式にCEOに就任したと発表した。

ウィッテーカー会長は2009年夏、経営破たん後の新生GMのトップにヘッドハンティング。2009年12月には、ヘンダーソンCEOの辞任を受け、暫定的にCEOを兼務していた。

今回、ウィッテーカー会長がGMのCEOに正式就任。これはGMの取締役会からの要請で実現したもので、ヘンダーソン前CEOの後任として、ふさわしい人材が見つからなかったのが理由である。

ウィッテーカー会長は、CEO正式就任の記者会見において、「6月までに米国とカナダ両政府からの公的資金を返済する目処がついた」と語り、新生GMの再建が順調に進んでいることをアピールしている。

《レスポンス 森脇稔》

【関連記事】
GMヘンダーソン社長兼CEOが辞任
サーブ売却、交渉は最終局面へ
GM 特別編集

<自民党>政治資金問題で決定打を欠き「戦う野党」見えず(毎日新聞)
三宅島民3割戻らず…避難解除から5年、復興半ば(読売新聞)
高校無償化法案を閣議決定=授業料負担を軽減(時事通信)
昨年の自殺3万2753人、前年より504人増(読売新聞)
女性死亡、無罪主張へ=押尾学被告の弁護団が会見(時事通信)
posted by たまやのおっさん at 17:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。